最新ドラマ情報まとめ【連ドラ&スペシャル】

【私たちはどうかしている】感想と3話ネタバレ!横浜流星の涙の理由とは

浜辺美波・横浜流星主演の『私たちはどうかしている』の第3話が、2020年8月26日に放送されました。

この記事では、『私たちはどうかしている』3話の感想とネタバレを紹介します!

関連【私たちはどうかしている】無料で見逃し動画をフル視聴する方法

注意
ネタバレがありますのでご注意ください!
【私たちはどうかしている】無料で見逃し動画をフル視聴する方法!広告なしでドラマ1話〜最終回まで全話配信💕浜辺美波・横浜流星・あらすじ・キャスト・口コミ感想

『私たちはどうかしている』感想と3話ネタバレ

なぜ椿つばき(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜なお(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川たきがわ(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

引用:私たちはどうかしている公式サイト

七桜の母と椿の父が不倫!

椿が『さくら』を憎んでいる理由…

それは、椿の父と七桜の母がキスしているところを偶然見てしまったからでした。

気になって夜にまた見に行くと、父が殺されているのを発見。

椿は、七桜の母が殺したと答えたのです。

七桜は母を信じて疑っていませんでしたが、これを聞いて動揺します。

まさかの七桜の母と椿の父が不倫…となると椿の父を殺したのは、やっぱり別の人物?

女将に七桜の素性がバレる

一方、七桜の身辺調査を依頼した女将(椿の母)。

七桜が自分の夫を殺した女の娘だと知ってしまいます。

七桜を追い出したい女将は、真実を吐き出させようと行動。

結婚式で代々伝わる着物を見せてあげると、七桜をおびき寄せたのです。

その着物は、真っ赤な椿の柄。

赤色が苦手だと知っていた女将は、七桜に着物を羽織らせ、過呼吸になった七桜に問いただしました。

そこに椿が登場。

真っ赤な椿の着物を羽織った姿を見た椿は、椿が咲く庭にいたさくらと重なり、七桜がさくらではないかと疑い始めます。

七桜の母だと名乗る謎の女

その時、七桜の母だと名乗る謎の女が光月庵に訪問してきました。

一同、驚きながらも迎え入れ、女将・椿・七桜の4人で話すことに。

謎の女は、七桜の母のように演じ、自分がだらしなかったから七桜が出て行ってしまった。

結婚することを聞きつけて、ここに来たと話し、なんとか事なきを得た七桜。

見送るタイミングで、七桜は謎の女に誰なのか問いただします。

謎の女は、店の常連『多喜川』に頼まれてきたとのこと。

以前母の手紙を届けてくれた人と同一人物だと気付き、多喜川と話したいから店に行かせてくれと女に頼み込む七桜。

女は七桜の熱心な姿に折れ、自分のお店の名刺を渡して去るのでした。

多喜川は何者なの!?なんでこんなに助けてくれるの?

椿に七桜が閉じ込められる!

戻ってきた七桜に声をかけた椿。

七桜になぜ嫁に来たのか聞くと、七桜は和菓子を作り続けたかったからと回答。

それならと、菓子型が置いてある倉庫があると七桜を呼び出します。

倉庫に七桜を入れると、椿は豹変し、七桜を閉じ込めてしまいます。

女将の罠

閉じ込められた七桜が倉庫の中を見ていると、15年前の和菓子のレシピ案を発見。

七桜の母がまだ和菓子職人として働いていたころのものでした。

そこには、さくらを模した和菓子がたくさん書いており、七桜は母の愛を実感。

そして、どうにかして倉庫から出て、多喜川に会いに行こうと決意します。

しばらくして様子を見に来た椿は、七桜が倒れているのを発見。

慌てて駆け寄ると、七桜は椿にキスをし、不意打ちをされた椿は七桜を逃してしまいます。

しかし、七桜が屋敷の廊下に行くと、誰かが上から花瓶を落下!

絶対、女将じゃん!花瓶落とすなんて危なすぎる…

七桜は無事でしたが、追いかけてきた椿が七桜かばい、手を怪我してしまいます。

椿が目を覚まして、七桜は謝りました。

椿は女将の仕業だと言い、だから七桜を倉庫に閉じ込めることにしたとのこと。

不器用ながら、七桜を守るための作戦だったのです。

椿がツンデレすぎる…めっちゃキュンキュンします

落とし文(おとしぶみ)

大旦那も出席する重要な茶会のお菓子の依頼が来ます。

椿への依頼でしたが、手を怪我してしまったため、泣く泣く断ろうとする椿。

しかし、七桜が『やります!』と依頼主に言ったため、やらざるを得ない状況に。

椿はなぜやると言ったのか、七桜に言いますが、七桜は手伝うからやろう!と。

依頼された落とし文は、落とし文という昆虫が葉に卵を産み付けることを模した和菓子。

卵は葉に悪天候から守られ、親からの愛を感じるという、落とし文は親の愛を子に伝える意味を持ちます。

茶会は6月の第三日曜日である父の日。そんな日にぴったりの和菓子です。

大旦那と確執があったり、父親が殺されたり、母親はゲスかったりと、家族に難がある椿にとってはかなり辛い意味のあるお菓子ですよね…

七桜の色

あくる日、さっそく落とし文を作り始めた椿と七桜。

重要な和菓子とあって、2人は線にこだわって作っていきます。

見ていた城島が『七桜さんが作るお菓子って薄い色が多いですよね〜濃い色は使わないんですか?』と発言。

椿は『薄い色じゃなくて淡い色だ。配合が難しく、誰にでも出せる色じゃない。七桜の色だ』と反論します。

椿、もう七桜のこと大好きだよね…笑

夜も落とし文を作り続けていた七桜。

そこにお茶を持って城島が休憩しましょうとやってきます。

城島は『落とし文って親への思いっていう意味だけじゃなくて、もう一つ、隠された思いの意味の方が好きです。なんかロマンチックじゃないですか?』と言うのでした。

その後、また落とし文を作り始めた七桜でしたが、眠ってしまいます。

眠っている七桜から、七桜の母と偽る女の名刺を抜き取った女将。

大旦那と椿の確執の理由

茶会当日、無事に落とし文が完成。

厨房の横を大旦那が通った時、椿が声をかけますが、大旦那に無視されてしまいます。

それを見ていた七桜が、椿に『いくら血が繋がってなくても、ずっと一緒にいたんだから、情がわいたりしないのかな?』と尋ねると、椿は昔の話をし始めました。

椿が小さい頃、茶室で父や大旦那が熱心にお茶の立て方や立ち振る舞いを教えてくれていたそう。

その後、父が殺される事件があり、大旦那は『あれから様子がおかしい。本当は何を見たんだ』と椿に言います。

そして椿が正直に『父と七桜の母がキスをしていた』と話すと、大旦那は『この嘘つきが!!!』と怒り、それからは椿を孫として扱わなくなったとのこと。

いくら謝っても、何度作っても、大旦那は椿が作る和菓子を食べてくれなくなった、と。

食べなかった大旦那

茶会では、大旦那の隣にあの多喜川が。

そして椿と七桜が作った和菓子・落とし文が出されました。

茶会の主催者が、和菓子にどんな意味があるのか椿に説明を求めると、

落とし文は親から与えられた愛を感じる、そんなお菓子。

僕にとっては、父が残してくれた光月庵のお菓子です。

よく失敗し、怒られましたが、父の愛を感じていました。

父の考えを継いで、光月庵を残していきたい。

と、大旦那のいる前ではっきりと答えるのでした。

しかし、大旦那は茶会のスタッフに声をかけると、一口も食べず、落とし文は下げられてしまいます…

やっぱり食べてもらえなかった…

母の手紙

お茶会が終わった後、多喜川に声をかけた七桜。

そこで母について疑問をぶつけます。

多喜川の父は、年の行事を大事にする人で、その時だけは家族が全員集まって、光月庵の和菓子を食べていたそう。

だから、七桜の母の和菓子のファンなんだと。

経緯はわからないですが、七桜の母から手紙を預かっていた多喜川の父。

亡くなる前に娘さんに渡してくれと多喜川に託し、そして、力になってあげてくれと言っていたそう。

七桜が和菓子を作り続ける限り、僕は助けるよと言うのでした。

今後、やっぱり多喜川がキーポイントになってきそうですね

椿と七桜が茶会の会場を後にする時、椿は『食べてないもののお代は結構です』と主催者に告げます。

しかし、和菓子は一つも余ってないと。

大旦那は、持ち帰りたいから包んで欲しいとお願いしていたのでした!

2人が光月庵に戻り、大旦那の部屋をのぞくと、椿が作った落とし文を食べてくれた大旦那。

『まだまだだな』と呟いた大旦那でしたが、15年間食べてもらえなかった和菓子を食べてくれて、椿は静かに涙します。

椿、よかったね〜〜

不妄語戒(ふもうごかい)

そして、茶室に向かった椿。

七桜もついていき、2人で『不妄語戒』の掛け軸を見ながら話します。

『この不妄語戒の意味は、偽りの心を持ってはいけない。この掛け軸の前で嘘をついたものは、地獄に落ちる。』と言う椿。

その掛け軸の前で椿は、七桜に『自分の我を通すためだけではなく、1人の女として惹かれてる』と言うのでした…

そして『本当に花岡七桜なのか?それともさくらなのか?』とも。

地獄に落ちると言われる掛け軸の前で、七桜はどう回答するのでしょうか…

城島と女将がグル!

一方、女将と城島のシーンへ。

椿がいつも涼しい顔をしているのがムカつく、絶望した顔が見たいという城島。

そんな城島に女将はお金を渡し、邪魔をさせていたのでした。

まさかの七桜に花瓶を落としたのも、睡眠薬を混ぜたお茶を飲ませたのも、城島とのこと…

七桜のことが好きで、そういう意味で今後絡んでくるかと思ったら、まさかの女将とグル…

『私たちはどうかしている』3話感想まとめ

『私たちはどうかしている』の3話は、大旦那と椿が少しずつ和解。

しかし、城島という新たなトラブルが起こりそうな予感がする回でした…

また、『私たちはどうかしている』はHuluで独占配信中!

Huluだけでしか見られない『私たちはどうかしているの未公開シーン復活版』も配信されています。

Huluは今だけ期間限定で、2週間の無料トライアルを実施中です!

キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、無料期間の今のうちに、わたどうを見てくださいね!

日テレドラマ

2021年春ドラマ一覧表

当サイトでは、最新のドラマ情報を更新中!
  • 公式フル動画の見逃し配信を無料で見る方法
  • 各話のあらすじ一覧
  • 役名と出演者キャスト一覧
各記事で詳しく説明してますので、ドラマを選ぶ時の参考にしていただけたらと思います。
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
月曜 夜9時イチケイのカラス竹野内豊
月曜 夜11時6分珈琲いかがでしょう中村倫也
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
火曜 夜9時大豆田とわ子と三人の元夫松たか子
火曜 夜10時着飾る恋には理由があって川口春奈
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
水曜 夜9時30分特捜9 SEASON4井ノ原快彦
水曜 夜10時恋はDeepに石原さとみ・綾野剛
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
木曜 夜8時警視庁捜査一課長 season5内藤剛志
木曜 夜9時桜の塔玉木宏
木曜 夜10時レンアイ漫画家鈴木亮平
木曜 夜23時59分カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~吉川愛・板垣李光人
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
金曜 夜8時警視庁ゼロ係 生活安全課なんでも相談室 SEASON5小泉孝太郎
金曜 夜10時リコカツ北川景子
金曜 夜11時15分あのときキスしておけば松坂桃李・麻生久美子・井浦新
金曜 夜0時12分生きるとか死ぬとか父親とか吉田羊・國村隼
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
土曜 夜9時今ここにある危機とぼくの好感度について松坂桃李
土曜 夜10時コントが始まる菅田将暉
土曜 夜11時泣くな研修医白濱亜嵐
土曜 夜11時25分私の夫は冷凍庫に眠っている本仮屋ユイカ
土曜 夜11時30分コタローは1人暮らし横山裕
土曜 夜11時40分最高のオバハン 中島ハルコ大地真央
土曜 夜0時高嶺のハナさん泉里香
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
日曜 夜8時青天を衝け吉沢亮
日曜 夜9時ドラゴン桜2阿部寛
日曜 夜10時30分ネメシス広瀬すず・櫻井翔
←スクロールできます→
放送日時ドラマ名出演キャスト
平日 朝8時おちょやん杉咲花
関連【2021年春ドラマ】最新情報&見逃し配信まとめ|放送日時・キャスト・あらすじ🌸4月スタート